河内長野の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」

最近は、30度前後の気温が続いて、早々と日焼けをされた方、夏バテぎみなっている方もいていると思います。

私も通勤等で自転車に乗る事が多くなり、もう腕だけやけてしまいました。

 

お昼に気温が高いので、夜も暑く寝苦しい日が続いていますね。そのような時に、朝起きた時にすごく寝汗をかいていることはありませんか??

暑いからこれだけ汗をかいたと思っていてはダメです!!もしかしたら、病気が隠れていることも考えられます。

 

まず、汗にもいくつか場所によって種類があります。いくつか挙げていきます。

  • エクリン腺…身体全体にあります。匂いはほぼ無臭です。
          例えば、緊張して手に汗をかく、運動時に汗をかくなどがあげられます。
  • アポクリン腺…特定の部位にあります。また、思春期になると発達します。
           初めは無臭ですが、匂いとなる成分と混ざりかなり匂いがきつく、
           体臭となっていきます。
           臭くなる原因としては、成分の中にタンパク質・尿素・アンモニアなど
           が含まれる成分と混ざるためです。
           部位として、耳周辺や脇の下や乳頭周辺といったところです。
           

そこで寝汗では、普段寝ている時でも毎晩コップ一杯程の寝汗をかいています。

それはほとんど気付かすに起床しています。もし汗をかいている時は、着ている枚数が多かったりしても当然出ますし、就寝前に入浴しない場合でも出ますのでその時は、それぞれ対処をして頂ければいいと思います。

 

薄着であったり、いつもと変わらない服装で就寝されていて、急に寝汗が、2、3日続いたりすると、病気の可能性が考えられます。

最も多いとされているのが…。

  • ストレスによる自律神経の乱れによる場合

 それは、緊張モード【交感神経】とリラックスモード【副交感神経】の乱れによるものです。ストレスにより就寝時にリラックスモードに切り替えが上手くできなくて緊張モードが続いていくことです。

隠れている病気としては自律神経失調症やうつ病などがあります。

  • アルコールでなる事も

私もたまに大量に飲酒するとなります。お酒を飲まれる方は経験があると思います。

それは、就寝時に肝臓がアルコール成分を頑張って分解する為に起こります。

また、毎晩晩酌をされている方は、たまに休肝日のときだけとなると

一種のアルコール依存症で起こる事もあります。

 

このような寝汗を解消するためには、緊張モードをリラックスモードにする。

⑴深呼吸 ⑵運動をするといった事で、ストレスの軽減になります。

是非試してみて下さい。あとは寝る前に、お水を飲んで頂くと脱水症状の予防にもなります。

河内長野で評判の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」 PAGETOP