河内長野の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」

脊柱管狭窄症などで歩くと足が痛くなり動けなくなることを「間欠性跛行」といいます。

しかし、これらが起きたからといって脊柱管狭窄症と判断するのは早々です。

間欠性跛行の3つのポイントを説明します。

1、歩行途中の休憩は前屈みでするかどうか?

2、足の血流は正常かどうか?

3、痛くなるまでの歩行距離はいくらか?

1は、パーキンソン病かどうか判断するのに役立ちます。パーキンソン病による間欠性跛行は立ったまま休みますが、脊柱管狭窄症の人は座る、もしくは前屈みになって休みます。

2は、閉鎖性動脈硬化症という下肢にいく血流障害で間欠性跛行が起こっている場合もあります。

これはアキレス腱部の後脛骨動脈足背部の足背動脈を触診できるかをチェックするといいでしょう。

3は、歩行距離が100~500メートル歩けるのかどうか?

本当の脊柱管狭窄症では歩けないです。時間で言うと5分以内でしょうか?これより歩けているのに間欠性跛行が出ている人は代謝や血流を考えるべきです。

河内長野で評判の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」 PAGETOP