河内長野の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」

仙腸関節と言う言葉は聞いた事ありますか??その仙腸関節部が痛む事で腰痛が起こる事があります。

腰や臀部、鼠径部が痛み、更に立ち上がり・椅子で座っている・痛い方の足を下にして横向きで寝ると痛みが増す事を感じてきます。

そうならない為にも、ご自宅で簡単にできるストレッチをお伝えします。

 

1・仰向けで床に寝転がります。

2・右足をお腹の方まで引き上げてきます。

  その際に、両手で膝のあたりを持ちお腹に引きつけます。

3・引きつけた状態で、30秒間その状態をキープします。

※その動作を、30秒間2セットそれぞれ右足・左足行います。仙腸関節周辺の筋肉や靭帯が緩み、腰痛の軽減につながります。

WIN_20171124_152422 

仙腸関節が痛む原因として、長時間中腰で作業されている方・日常生活での不用意な動作を頻繁にする方に多く見られます。同姿勢が続くと仙腸関節の周辺の靭帯や筋肉が硬くなります。その状態でいると、仙腸関節を固定するなど手術を行う事になります。

また、ヘルニアなどの症状がある方でも、仙腸関節性腰痛になる事も考えられます。

 仙腸関節

腰や仙腸関節周辺の筋肉硬くなったりすることで、腰痛も起こります。更にその症状以外に骨盤周辺の血流悪化・代謝の低下・冷え・むくみ・肥満・生理不順・便秘などの不調が起こってきます。

まずは、自分でも仙腸関節が硬くならない様にストレッチを始めましょう!!

河内長野で評判の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」 PAGETOP