河内長野の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」

人は歩行するためには、まず体が前方に傾けなければなりません。

傾きが出ないと手を動かしても歩くことができないです。

「支点・力点・作用点」の法則に当てはめると、「前方に傾く力」が力点、そして地を踏む足が支点となり、骨盤が作用点となって動きます。

それに対してランニングマシーンは、力点が足になります。これは地面が動くからです。そうなると骨盤が支点になってしまいます。

つまり骨盤を固定する歩き方になってしまうのです。すると股関節が直線的な動きのみになり摩擦していきます。

一番良いのは外を歩くことですね!時間は33分以上を目安に頑張っていきましょう!

河内長野で評判の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」 PAGETOP