河内長野の整体なら「Sorrisoあまほり整体院」

代表 天堀恵太(あまほりけいた)

158代表 天堀恵太(アマホリケイタ)
2.保有資格:国家資格・柔道整復師、鍼師、灸師、日本痩身医学協会認定セラピスト、
3.業界歴ORセラピスト経歴:施術歴12年、総臨床数9万人
5.趣味・特技:ウォーキング、読書、カフェ、旅行、空手二段、柔道初段
6.得意なアドバイス内容:論理的になぜ今このようになっているのかを説明させていただきます。絵も得意なので女性の方にもわかりやすく説明します。
8.健康のために行っていること:ウォーキング、無添加の食事、地産地消
9.お客様へメッセージ:

この道をえらぶまで私は、和泉市の横山村で長男として生まれました。幼い頃の思い出は病室の天井を眺めながら…続きを読む▼

この道を選ぶまで 

私は、和泉市の横山村で長男として生まれました。
幼い頃の思い出は病室の天井を眺めながら点滴を受けていることというくらい病弱でした。
そんな私を五歳より両親が空手に通わせてくれました。強く育って欲しいという思いがあったのだと思います。
小学校五年生の頃には一日も休まず学校へ行けるようになり、空手も大会に出ればトロフィーを持って帰ってくる程、強くなりました。

勉強の方も出来る方でしたので、空手での推薦を断り、進学校へと進みました。
高校生活を満喫したく、モテそうという理由でサッカー部に入ろうとしていました。
が、柔道部の先輩が噂を聞きつけ勝手に入部届を出していました。流されるまま柔道部に入ることになりましたが、すぐに夢中になり勉強そっちのけで練習・トレーニングに打ち込んでいました。結局、高校生活は柔道に捧げたようなものです。

引退試合一か月前に右肘の靭帯を痛めてしまい、テーピングをガチガチにして出場しましたが、何もできず敗退。大将を任されていたこともあり、悔しさと仲間への申し訳なさでトイレで泣きじゃくったことを覚えています。
そして、同じ想いをしている人を助けたいという想いが生まれ、周りは皆大学へ行く中、柔道整復師の道へと進むことになります。

 

開業の決断

午前・午後と整骨院で働きながら昼休みに学校へ行く生活を三年間していました。
あの頃は勉強した知識がそのまま患者さんの喜びになるのが楽しくて夢中でした。おかげで特待生にもなっていました。

もっと体のことを知りたいと思い鍼灸の学校へ通うように。
そこで出会った先生が四国八十八カ所のお寺に全国から本当に困っている人を診に行かないかと誘ってくださり毎月行くことになりました。
今まで整骨院で診てきた患者さんとは違う難病の方を診ることに。
これがまぁ治せない、本当に症状が変わらない。

必死で専門書を読み、論文を読み、勉強しても変わらない。
いつしかお寺へ行く日が近づくと不眠になり、下痢が止まらず本当に苦しかったです。
結果を出せないのに診ないといけない、患者さんは待っているという苦しみは本当に辛かったです。
でも不思議とやめようとは思わなかったです。

二年程、こんな日が続いていましたが、ついに運命の言葉と出会うことになります。
天皇様の心臓を手術した天野先生がTVで「その人の人生を診ないといけない」とおっしゃられたのを聞き、私の体に衝撃が走りました。
私はそれまで症状・病気を必死に診てきて『人』を診るということをしていなかったのだと気付きました。

その日を境に患者さんがどういう人生を歩んできたのか、どういう思いでいるのか、何を大切にしているのかなど、人と人との関係を大切にし、徹底して話を聞くことをしていました。
すると、こんな思いで来られているのか、こういう考えを持っているのか、だからこういう習慣がありこのような状態になっているのかと少しずつ少しずつ『人』を診ることができるようになってきました。

そして私は普通の整骨院ではできない『人』をしっかり診て本当に困っている人を治してあげたいという想いのもと開業を決意しました。

 

開業してから

一人一人の時間をとって本気で患者さんと向き合いたいという想いより、保険診療は行わず、自費診療で診ることを決意。
また人の体は脊椎と骨盤という土台に問題が起き、それが全身の歪みとなって症状を引き起こすということに辿り着き、その要である腰椎の専門として椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、難治性慢性腰痛の方を多く診ることになります。

現在も一人一人の生き方を診、なおかつ身体観察を練り上げ日々成長させて頂いています。
また月に一度、院内でのセミナーや役所などの依頼で多くの方に脊椎について、人を診る大切さをお伝えし、自らも学ばせて頂いています。

来院された方が良くなって笑顔になり、そして自分の経験したこと、気づいたことを同じ症状で困っている人に伝え、そしてその人が笑顔になる。
これを院の理念とし優秀なスタッフとともに全員で一人を全力で施術しています。

もし苦しい、悔しい、どうしたらいいのかわからないと悩んでいるのなら一歩勇気を踏み出してください。私は必ずその勇気を受け止めます。

閉じる▲

 

 

 

木下 飛鷹(きのした ひだか)

145私は河内長野市の下里町で三人兄弟の末っ子として生まれました。

幼いころは喘息、アレルギー、アトピー性皮膚炎など比較的病弱でしたが、外で遊ぶことが大好きな活発な男の子でした。

兄の影響で小学1年生から野球をし始め、気が付けば市の代表選手、中学の時は南大阪の代表選手にまで選出されました。

ですが中学の時から故障が多くなっていき、硬式野球が出来ない身体になり、軟式野球なら頑張ったら出来るといわれ、受験勉強と並行してリハビリも頑張りました。

受験もリハビリも上手くいき、第一志望にも受かり野球ができる身体にも回復しました。

高校生活が始まり、最初の一か月の期間は部活見学という期間があり様々な部活を見学できるというものでした。その高校の軟式野球部は、公立高校ながら全国大会にも何度も出場したことのある強豪校です。

私は、軟式野球部に入ることに決めていたので軟式野球部を見学していました。顧問の先生が僕のことを知っていたらしく、練習に参加させてくれたりもしました。

見学期間の最終日、帰ろうとした時、ふとテニスコートが目に入りました。

そのまま無意識で硬式テニス部を見学していました。

見学していると、当時の部長が僕に話しかけてきてくださり、テニスラケットを渡され「打ってみ」と一言言われ打ってみたら、はるか遠くに飛んでいきました。部長は、「初めてやからしょうがないよ」とフォローしてくれました。この時テニスってこんなに難しいスポーツなんだと思ったのと同時に、部長がとてもかっこよく、この人に教わりたい!そう強く思いました。

軟式野球部は断り硬式テニス部に入部し誰よりも練習しました。そのおかげで大阪ベスト16になり15年ぶりの快挙の立役者になりました。

続きを読む▼

高校卒業後

部活動を引退し進学するときに、中学の時に身体を治してもらったことが忘れることができず、スポーツトレーナーの専門学校に進学することにしました。そこで身体に関する色々な勉強を学びました。専門学生の時はテニスインストラクターとして働いていました。

ますますテニスが好きになり、今後はテニスに特化したトレーナーになりたいと思っていたところ、タイミングが合いテニス選手のトレーニング、リハビリ指導、某高校のテニス指導など憧れていた仕事をもらい、とてもやりがいを感じていました。

そんなある日、リハビリをしている時選手が「痛みを根元から取ってほしい。」その言葉にものすごく悔しい思いをしました。ここでリハビリ指導をしている限り痛みの緩和しかできないと思い、思い切って退社しました。

~痛みを根本的に取り除く~その技術に長けている人はいないだろうか、と思い調べたところ天堀先生でした。天堀先生は患者様の周りの方々まで元気にする。とおっしゃったとき、天堀先生の下で働きたいと思い現在に至ります。

皆様の日常生活を充実に過ごせるよう全力でサポートさせていただきます!

閉じる▲  
 

荒井竜哉(あらい たつなり)

147

施術スタッフ 荒井竜哉
生年月日 2000年8月11日
家族は? 母、姉妹の4人家族

 私は和泉市で長男として生まれました。小学校の時に両親が離婚し、母子家庭となりました。
母は女手一つで私たち三人を育ててくれました。

 その頃から家族に何かあった時に、自分が守れる強い人になろうと思い始めました。
 強くなるために始めたのが、ブラジリアン柔術という格闘技でした。小学四年生から始めて、十年目になります。
 とても奥が深く、練習していくうちに上達していく楽しさにハマり、これは生涯スポーツとして続けていきたいと思っています。

 中学生では友達の影響で陸上競技を始めました。
走るのが得意ではなかったため、顧問から砲丸投げを勧められました。
すぐに結果が出て、のめり込むように練習をしました。
学校で砲丸の練習をしてから、道場で柔術の練習をする日々を送っていました。
 そんなある日、身体が悲鳴を上げて、練習が出来なくなりました。
病院で診断を受けると腰椎分離症という疾患でした。
医師からは使いすぎによるもので、一年間は激しい運動を控えるようにと言われました。
ショックで途方に暮れていた時に、話しかけてくださった先生がいました。

 それは母の知り合いのリハビリの先生でした。その先生は二つのことを私に教えてくれました。
一つはリハビリの仕方、そしてもう一つは音楽です。
 「大好きな柔術や砲丸が出来ない」そんな私を勇気付けようと、音楽フェスに連れて行ってくれました。

 そこで衝撃を受けました。

 観客全員で一つの曲を熱唱しその湧き上がる楽しさで会場全体が笑顔で溢れていたんです。
私は辛くて挫けそうになっていた気持ちが、その光景を見て一気に吹き飛びました。
 そのこともあり、リハビリも頑張れ、分離症も治りました。
高校では音楽に衝撃を受けたので、軽音楽部に入りました。
たくさんの人が演奏を聴いてくれて、たくさん笑顔になってくれました。

 そんな高校生活を送っていたある日、エレベーターで会った人からこんなことを言われました。
「あんたの笑顔を見ると元気になるわ」と。

 私は嬉しかったのですが、何か腑に落ちなかったんです。
なぜなら、辛そうでしんどそうな表情は変わっていなかったからです。
エレベーターから降りられてからも、腰をずっとさすっていました。
 その時、私の笑顔で少しでも元気になっていただけるなら、今度はこの方が辛いと感じている部分を解決できる人になりたいと思いました。

 私を笑顔にしてくださったリハビリの先生のような方になるため、柔道整復師を目指しました。
 そして、「関わっていく全ての人を佳い笑顔に」という天堀先生の言葉に惹かれ、ここで学ばせていただきたいと思い、現在に至ります。

 「関わっていく全ての人を佳い笑顔に」を実現できるように、全力でサポートさせていただきます!

受付スタッフ

164濵田 敬子(はまだ けいこ)

・この仕事を選んだ理由
スタッフとして患者様と接してみたかったので

・仕事のやりがい
来て下さった人が、笑顔で帰って行くのを見る時

・患者様に一言
末永くよろしくお願いします

 157

髙田 真弓(たかだまゆみ)

 

・この仕事を選んだ理由 

人と接する仕事がしたかったので。

 

・仕事のやりがい    

たくさんの方と接することが出来る事。

 

・患者様に一言     

 少しでも患者様のお役に立てるよう頑張ります。

 よろしくお願い致します。 

152

 

福岡美波(ふくおかみなみ)

・この仕事を選んだ理由

今までと違うお仕事を経験したかった

・仕事のやりがい

たくさんの人と関わって、色々なお話しを聞けること               

・患者様に一言 

会話一つ一つを大切に、笑顔で頑張ります

よろしくお願いします。165

 経営理念

「関わっていく全ての人を佳い笑顔に」

コンセプト

その人にとってRiliefの場所へ

 

 

河内長野で評判の整体なら「Sorrisoあまほり整体院」 PAGETOP