河内長野の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」

発達障害

発達障害
症状・原因・治療

 

行動を変え、体を変え、意識を変える治療が必要です.

発達障害は、症状がわかりづらい病気です。このため、気づいた時には、もう成人を迎えている場合が多くあります。

発達障害の治療は、十分に確立されてはおらず、治りにくい病気とされています。この生きづらさはなんなんだ?なんでほかの人となじめないんだ?この先どうなっていくのか?と言う不安が大きくなります。

発達障害を治すためにも、発達障害について知る事が大切です。このページでは、発達障害の原因・症状・治療について詳しくお伝えしていきます。

 

1.発達障害とは?

発達障害の症状には、自閉症、アスペルガー症候群などの広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害など様々です。同じ方でも、複数のタイプの発達障害がある場合も多くあります。同じ発達障害を持つ人同士でも症状に差があることが、発達障害の特徴的です。 

発達障害は、生まれつきの脳機能の障害によるものですが、一生治らないものではありません。成長するに従い、改善して行くことは多々あります。家庭や学校などの周囲の環境、対人関係などの様々な外的要因によって影響を受けながら成長していくのと同様に、発達障害のある子供も成長とともに抱えている課題の改善も期待できます。そのため、周囲の方の理解や適切なサポートが、とても重要となります。

 

 

2.発達障害の症状

発達障害

広汎性発達障害とは、コミュニケーションや社会性に関する脳領域の発達障害の総称です。発達障害の症状である自閉症は、言語発達の遅れやコミュニケーション障害、対人関係・社会性の障害などの症状がみられます。

一人遊びが多くて、集団行動が苦手などの特徴を示します。言語発達や認知機能に障害のない自閉症は、アスペルガー症候群と呼ばれます。コミュニケーション能力や対人関係に問題があるものの、言語や認知に問題がないことが多くあります。このため、発達障害の症状があることが気づかれにくいことが多いです。

発達障害の症状のうち注意欠陥多動性障害は、年齢と不釣合いな落ち着きのなさ、集中できない、じっとしていられない、衝動的な行動などを示します。一般に、7歳以前にこれらの症状を呈し始め、小中学生では多動や不注意があるものの、思春期以降には症状が目立ちにくくなります。

学習障害は、知能の遅れやIQの低下はみられないにもかかわらず、読み書きや計算、推論などにおいて独特のつまずきを示す状態です。

チック障害は自身の意志とは関係なしに手足の不随意運動(運動チック)や発声(音声チック)が生じてしまう障害です。本人にそうする気がないにもかかわらず、運動や発声が起こってしまう状態であり、重症なものはトゥレット症候群とも呼ばれます。

 

 

3.発達障害の原因

発達障害の原因は様々です。自閉症は多くの遺伝的要因などが関与して起こる、先天性の脳機能の障害が原因として考えられています。しかし、その詳細については未だ明らかとなっていません。

自閉症の方の近親者は発生頻度が510倍まで高まることや、男性は女性の約4倍発生しやすいことなどが知られています。アスペルガー症候群についても、遺伝的要因が関与した生まれつきの脳機能障害によるものであると考えられています。

注意欠陥多動性障害については、大脳の前頭葉や線条体と呼ばれる部分のドーパミン作動系神経回路の連絡不良が病態の原因として考えられており、その発症には遺伝的要因の存在も推測されています。

学習障害についても近親者に学習障害の方がいる場合に発症率が上がることから、遺伝的要因も関与した脳機能障害が考えられていますが、その詳細は明らかとなっていません。

チック障害についても脳内の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの神経活性が低下することで、運動系および非運動系部位の機能発達の変調をきたすためであると考えられている。発達障害の原因は、非常に特定しにくく、治療が困難になる事も多くあります。

 

 

4.発達障害を治すためには自律神経の治療が必要です

発達障害の治療は、確立されていないのが現状です。特に、自閉症やアスペルガー症候群の治療については、現代医学ではまだ根本的な治療方法が確立されていません。

しかし、自閉症・アスペルガー症候群の方は独特の手順で物事を学んでいくことから、その個人の発達に合わせた教育が必要となります。多動やかんしゃく、こだわりなどの個々の症状自体は薬物療法によって軽減も期待できます。

注意欠陥多動性障害に対しては、ドーパミン伝達を改善するメチルフェニデートという薬剤が効果的です。また、子供の教室での机の配置や作業時間の調整、問題行動への過剰な叱責をやめるなどの環境・個人への介入も効果があるとされています。

学習障害の治療は、その特性を理解しながら、実施可能な課題設定と指導方法への工夫などが重要です。できないことを何度も繰り返しても、学習障害への成果は期待できず、不達成感から情緒障害にもつながりかねないため注意が必要です。

チック障害は、軽症であれば行動量法的なアプローチや親へのカウンセリングなどで対応することが有効です。重度の場合には向精神薬などの薬物療法が用いられることもあります。また、精神的ストレスを軽減するために、症状を気にしすぎないことや周りが叱責することなどは避けるべきです。

発達障害は、明確な原因がないため治療が困難になる場合があります。薬による治療を行うのも、副作用の心配があります。発達障害はしっかりと原因を見つけることが大切になります。また発達障害の方はスピリチュアルな世界に陶酔する傾向があります。しかし精神的な部分から自分を変えようとしてもうまくいきません。なので自律神経失調症のような症状が変わっていかない人が多いです。つまり逆なんです。行動を変え、体を変えると意識が変わり生きづらさや発達障害と言われている症状も変わってくるのです。このため、発達障害を治すため、体のバランスを整え、また自律神経を整え、そしてその人の考え方の癖を認め現状を知ることが重要です。

原因不明・治療方法がないと言われる発達障害ですが、しっかりと治療すれば改善する病気です

 

 

\患者様の声/

 

『治せるものなら治してみろというつもりできました・・・』

ここに来院する1年前より朝起きるあがるときに手足が痛くこわばりが出始め、祖母がリウマチだから怖くなり病院で検査するもなにもなくなんなんだーってなってました。違う病院や整骨院で骨盤調整とかもしてもらいましたが変わらず、寝たきりになったらどうしようと不安でびくびく日々を過ごしていました。友達が「面白い先生がいるよ」と教えてくれ来院しました。何院もいってたので治せるものなら治してみろという気持ちでいきました。他の所と違ったのは、自分では気づいていなかった「私の考え方の癖」を教えるのではなく気づかせてくれるような質問を投げかけてくれておられました。なので帰りには頭がすっきりというか「だからか!」と腑に落ちた感じになり携帯にメモしたり、メモ帳にメモしたりどんどん自分がわかっていくのが嬉しかったです。不思議なことに次第に関節の痛みやこわばりがなくなっていき、仕事でも経営者なんですが人間関係がうまく作れるようになり楽しくてしょうがないです。今も頭がごちゃごちゃしたころに先生に会いに行ってます。(40代 女性S・H様)

 

施術者のコメント

S様は最初来られたころは簡単な質問にもあえて難しく考えて答えてくるといった頭の中が整理されていない状態でした。大人の発達障害(特に注意欠陥多動障害)の特徴で興味がころころと変わり一つのことに集中できないことがありますがまさにその状態でした。ただ行動力はありますので体は酷使できるというメンタルとフィジカルのバランスがうまく取れていなかった状態です。施術による3軸の調整で体の流れを良くし機能回復促進に努め、かつ頭の中のごちゃごちゃを吐き出させるというトレーニングも一緒にやっていきました。その度に「そうだったんだ!」と叫んでおられたのが印象的ですね。だんだん近すぎる人との距離の取り方もわかってこられ、他者との人間関係の構築ができるようになり体の状態も良くなっていかれました。これからも一緒に成長していきたいと思う方です。

 

河内長野で評判の整体なら「Sorrisoあまほり整骨院」 PAGETOP